デジタル撮影画像処理のことです

「デジタルマジック」っていうネーミングはどうなの?って思う気もしますが、2008年にこのページを「撮影ノート」から分離して画像処理に特化した内容を掲載しようと考えた名前なので、このまま行きます。
私が天体写真を撮り続けている最大の理由は「画像処理したいから」なんですよ。

変ですよね。

2017.3.15

戻る

特集シャボン玉星雲、 2008年分へ、 2009年分へ 2010年分へ 2011年分へ

2012年分へ 2013年分へ  2014年分へ 2015年分へ

 

PI仕上げ等倍

PS仕上げ
70%に縮小
NGC6384
2018.5.11と2018.5.15




VixenVC200L+レデューサ(1270mm), ATIK383L+
L:39枚、300秒
R:G:B=8:8:8枚、600秒 


アトラクス改(K-ASTEC)
QHY5L-Ⅱ + MaxImDLPro5 
5月にLとRGBを二晩かけて撮影しました。新潟ではこういうチャンスは少ないように思います。
時間も結構かけましたが、対象が暗くて、小さくて、地味・・・。私の機材と技術では力不足です。

VC200Lの星像はレデューサを使ってもかなりボンヤリした感じです。Deconvolutionで芯は出ますが、周辺のぼやぼや感は解消されないので、結果星が大きい感じになってしまいます。新型のレデューサも開発されているようですが、投資するだけの効果は期待できるのでしょうか。

DSOの画像処理をしていて最近気になるのは、PIで出力したTiff画像をPSで読み込むと輝度のバランスが変わる事です。星野とか散光星雲ではそれほど酷くないのですが、16bitではPSの方が背景が明るくなり、輝星の芯が潰れます。Tiffなので限度を越えれば不可逆的です。だからと言って32bitで読み込むとPIのバランスを復元するのにもの凄く手間がかかります。加えてPS上での画像処理は散光星雲の様な効果が得られず無駄に透明感を損なっている気がします。PIはどちらかと言うとDSO向きのプロセスが充実しているので、いっそPIだけで仕上げてweb用のJpeg出力までやってしまった方が良いように思えてきました。
 
はくちょう座の穴の中
2018/5/15

Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)
carl zeiss Planar85(F1.4)F4
ISO3200, 90秒, 105枚
VixenGPD改(AGS-1L)
オートガイド無し
はくちょう座は天の川に位置するので非常に星が多い領域です。しかも多くの散光星雲と暗黒帯が入り乱れています。散光星雲だけを炙り出すなら撮影時にフィルターを使って微光星を抑えた方が良いですが、天の川として表現するなら通常の改造一眼で撮影して無理にRを強調しない方が天の川らしく仕上がります。今回は勿論散光星雲は意識していますが、天の川の一部と言う感じで処理しています。さらに中央の暗黒帯の中にはさらに暗いウネウネした構造がいくつか浮かび上がりました。ペリカン星雲の下にあるウネウネは比較的分かりやすいですが、サドル周辺から伸びている構造やデネブ付近にある構造はあまり意識した事がありませんでした。
 
2018.4.16

NikonD800, Nikkor14-24mm(F2.8)
F2.8, ISO3200, 30秒
固定撮影、1枚




NikonD800, Nikkor14-24mm(F2.8), F2.8, ISO3200, 30秒
固定撮影、1枚




NikonD800, Nikkor14-24mm(F2.8)
F2.8, ISO3200, 30秒
固定撮影、1枚





NikonD800, Nikkor28mm(F1.8)
F2.8, ISO3200, 10秒
ソフトフィルター
固定撮影、1枚



NikonD800, Nikkor28mm(F1.8)
F2.8, ISO3200, 10秒
ソフトフィルター
固定撮影、1枚



NikonD800, Nikkor28mm(F1.8)
F2.8, ISO3200, 10秒
ソフトフィルター
固定撮影、1枚
今年の桜星景はお天気の巡りあわせと水銀灯に阻まれた感じです。


天の川はそこそこ写りました。構図としてはもう1時間程早い時間に撮影した方が良かったのかもしれませんが、星見櫓BKで撮影していたアンタレス周辺の画像を見ると一時間前は曇っていたようです。どっちにしてもこの日はこの構図しか無かったのかもしれません。

桜はほぼ満開なのですが、橋の水銀灯の影響で発色がよくありません。桜が主役になっていないです。運よく流星が入りましたが、桜より新緑が目立つので、タイトルは「新緑の胎内川と天の川」ですね。

縦構図は川原の広がりが無いですが、桜並木の存在は分かるし、まとまりがあると言えばあるような感じです。

28mmではソフトフィルターを付けて、いろいろ撮りました。オリオン座は光害のためこれ以上露出を延ばせないので、桜にはLEDライトを当てています。このやり方は苦手ですしあまり好きでもありませんが、今回はこれしかないですね。やっぱりこの場所は月夜です。

個人的には一番最後の木星が昇っている写真が一番気に入っています。 
 
2018.4.20 

VixenVC200L(1800mm F9)
LRGB=49:5:5:5
(120秒:300秒
:300秒:300秒)
ATIK383L+, Ha:10min.*21枚

アトラクス改(K-ASTEC)
QHY5L-Ⅱ + MaxImDLPro5

2017.6.28
M57 Ha画像
VixenVC200L(1800mm F9)
ATIK383L+, Ha:10min.*21枚
アトラクス改(K-ASTEC)
QHY5L-Ⅱ + MaxImDLPro5 
去年M57周辺のHα領域を写す事が出来たので、LRGB画像を撮り足してカラー合成してみました。

Hαの分をR画像に加算して、RGB合成したのですが、これでは上手くないですね。GBとバランスをとるためにRは控えめになってしまうので、周辺部分を強調する事が出来ません。LにもHα画像を合成してやると良いのかも知れませんが、L画像の解像度の低さに挫けています。

そのうち本気出してみようと思います・・・ 

本気出して頑張ってもこの程度でした。大差ない。
 
2018.4.20  

ヘルクレス座 M13
VC200L(F:1800mm、200mm)
アトラクス改(K-ASTEC)

ATIK383L+(-10度)
L:R:G:B =8:3:3:3(全て120秒)

miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、MaxImDLにてガイド
ほぼ1年ぶりのVC200Lでの撮影です。

月があるうちにピント合わせまで終ったので、M13を試し撮りしました。

まだちょっとピントの追い込みが甘いのか、VC200Lってレデューサ使わないと、こんな感じだったのか。

かなりしまりのない星像です。
 




星が滲んで没ですが、流星が入った記念
2018.4.20






Canon EOS6D改造機(ハヤタ・カメララボ)、carl zeiss Planar85(F1.4)F4
ISO3200, 90sec., 114枚、VixenGPD改(AGS-1L)
オートガイド無し




2018.4.16
Canon EOS6D改造機(ハヤタ・カメララボ)、carl zeiss Planar85(F1.4)F4
ISO3200, 90sec., 43枚+1枚
VixenGPD改(AGS-1L)
オートガイド無し
 
二時間半以上114枚スタックでこれですから、嫌になります。

ちなみに流れ星が入った16日の43枚をスタックした元画像は霧で星は滲んでいますが、
上半分の写りは20日の114枚より格段に良いです。

元画像が凄く悪いので、PixInsightの処理手順を変更してみました。

インチキコスメティックコレクション(本来はベイヤー配列画像では出来ない)で、ノイズを軽減してから以下の手順で処理すると、見違えるほど良くなりました。この手の画像処理は必ずしも万能ではないので、色々試しながら、さらに工夫して行こうと思います。冷却もディザリングもなしに良い結果が得られれば横着者には最高なのですが・・・

NackgraoundNeutralization(背景の色調を補正する)
ColorCalibration(色調を整える)
MultiscaleLinearTransform(リニアデータでのノイズ除去)
AutomaticBackgroundExtraction(カブリを補正する)

 

新しい手順で
処理
2018.3.13
M81,M82周辺

EOSkissX7改造機
carl zeiss Planar85(F1.4)F4、ISO3200、露出90秒
172枚コンポジット
ss-one75mmガイドカメラ
PHD2にて自動ガイド、VixenGPD改(AGS-1L) 
2018.3.27

この領域の分子雲(星間分子雲)、Integrated Flux Nebulaと言われる物らしいですが、冷却していないデジタル一眼では中々難しい対象です。分子雲の存在ははっきりと写す事が出来ましたが、4時間以上露出しても、色むらとノイズの痕跡を消すことが出来ませんでした。このデバイスの限界でしょうかね。

PixInsightのCosmeticCorrection(CC)のUseAutoDetectを使うとDebayer後の画像でも輝点と暗点を除去する事が出来ます。輝点除去は星の心が無くなる危険性、暗点除去は星の周囲が滲む危険性があるのでよほど気を付けて使わなければなりません。あまりお勧め出来る方法でもないのですが、ある程度までは効果があります。今回も使っていますが、分子雲を強調するためにレンジ幅が非常に狭いので、副作用が出ない程度では十分な効果が得られません。

2018.5.4
PixInsightの処理手順を変更し、良い結果が出ることもあるので、試してみました。色を控えめにして星間分子運をより、強調してみました。画像のノイズ感は軽減しています。
 
2013.3.13 高坪山にて撮影
早春の天の川   


NikonD800, Nikkor14-24mmF2.8(14mm, F3.2)
ISO3200 90秒 スカイメモR
2枚コンポジット
地上風景は1枚のみ使用
2018.3.28

どうも明け方のお天気に恵まれません。

この日も深夜頃までは雲もなく良い天気だったようですが、天の川の高度が上がるにつれて雲が流れてきて、まともに撮影できませんでした。

広角と魚眼、それぞれ特徴的な写り方ですが、この画像については広角の方が向いているように感じました。 
 
2013.3.13 高坪山にて撮影
早春の天の川  

EOS6D(改), Nikkor10.5mmF2.8(F4程度) ISO3200 90秒 スカイメモR
4枚コンポジット
固定撮影の地上風景を合成
2018.3.28

魚眼レンズは直径の線上で歪みが小さくなるので、天の川を直径上に置いてみました。 全景は写りますが、こじんまりしてしまいます。それに地上が撓むのは何となく違和感があります。加えて何より画像処理が難しいです。

アライメントはPixInsightなら普通に出来ますがカブリの補正や色調補正は地上が邪魔で十分に出来ません。フォトショップに頼るしかない状況です。
 
2018.1.14
おおいぬ座からとも座の天の川



Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)
Nikkor 58mm(F1.4)F4程度
ISO3200, 90sec.
12枚コンポジット
スカイメモRにて自動ガイド
2018.1.22

明らかに構図ミスですね。

縦構図にすれば、もっと広範囲の天の川を入れられた上に、露出時間ももう少し稼げたはずです。

残念・・・

シリウスが癖の無いスッキリした星像に写っているのが唯一の救いです。良いレンズですね。 
 
2018.1.14
オリオン座付近


Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)
Nikkor 58mm(F1.4)F4程度
ISO3200, 90sec.
12枚コンポジット
スカイメモRにて自動ガイド
2018.1.22

ここ数年、天体写真用として多くの天文ファンに使われているEOS6Dは期待を裏切らない性能ですね。

外気温が氷点下になると、ISO3200, 90sec.ではダーク減算は必要ないと思われます。 さすがに夏場に同じような画質を期待するのは無理かもしれませんが、15分程度の総露出でもこんな感じに仕上がるのは嬉しいです。

 
2017.11.21 
カモメ星雲(IC2177)



Borg125SD+F4DG,
EOS6D(改造機)ISO3200
露出180秒、55枚 コンポジット

ss-one75mmガイドカメラ
PHD2にて自動ガイド

アトラクス赤道儀(K-Astec改)
2017.12.2

去年星見櫓で撮影を始めてから撮影可能対象となった「カモメ星雲」、日本名「ワシ星雲」です。

もっと青い領域を綺麗に出したいのですが、新潟の緯度と空の状態では難しいかもしれません。シリウスの東側から南にかけては、撮りたい対象がまだありますが、条件は厳しいですね。 

EOS6D(ハヤタカメララボ改造)は、X7で発見したISO3200, 90秒で切って捨てたようにノイズが減少するような内部処理?はしていないようです。という事で、設定の選択肢としてはISO1600、ISO3200、時間も90秒~180秒程度まで自由に選べそうです。

このカモメ星雲はマイナス3度で撮影を始めましたが、明け方にはもっと下がったので、殆どノイズは気になりません。バラ星雲は0度付近で撮影していましたが、それなりにノイズがありシグマクリップで何とか軽減してあります。ISO3200,180秒に関しては、D800の方がノイズは少ないです。

 
2017.11.21
 バラ星雲(NGC2237) 



Borg125SD+F4DG,
EOS6D(改造機)ISO3200
露出180秒、43枚 コンポジット

ss-one75mmガイドカメラ
PHD2にて自動ガイド

アトラクス赤道儀(K-Astec改)

2017.12.2

久しぶりのバラ星雲。日の丸構図で立て横は90度回転した方が良い事は分かっていましたが、次にカモメ星雲を撮る都合もありカメラを深夜に回転したくなかったので、東側に広がる淡いガスを入れる事は出来ませんでした。

随分久しぶりに撮影した気がします。やっぱり綺麗ですね。


EOS6D(改)

 
EOSkiss7X(改)
2017.11.17
カシオペア座の東側

Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)
carl zeiss Planar85(F1.4)F4
ISO3200, 90sec., 46枚コンポジット
スカイメモRにて自動ガイド
この日も予報には無い晴れ間でした。

薄雲が広がるまで2時間程度しかなかったのですが、以前APS-Cサイズで撮った領域を35mmサイズで撮ってみました。 

やっぱり同じレンズでも画角が広くなると相対的に星が小さくなります。

そろそろ望遠鏡の直焦点で試してみたいのです。

フラット画像を撮影した感じでは、Borg125SD、タカハシFS128+レデューサ、VixenVC200L+レデューサ、いずれでも補正可能なレベルの周辺減光となっています。ミラーのケラレ対策もしっかりやってあるし、ハヤタ・カメララボさん良い仕事してますね。結局は実際に星を撮ってみないとなんともいえません。

冷却CCDでガッツリ露光撮影もやりたいし、新潟では1年かけても終らないテスト撮影期間になりそうです・・・
 
2017.11.7
夏から秋の天の川   

Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)
carl zeiss Planar85(F1.4)F4
ISO3200, 90sec., 26枚コンポジット
スカイメモRにて自動ガイド

11月もお天気が悪く、ゲリラ的にちょっとだけ晴れるような日でも、貴重な晴れ間です。

こんな時は設営に時間がかかってしまうとチャンスを逸する可能性があります。1秒でも素早くシャッターを開きたいので、スカイメモ+カメラレンズになってしまいます。以前の借家では200mm以下のレンズではカブリの影響が大きくて使えませんでしたが、星見櫓では35mmサイズで28mm広角レンズが星野写真の限界のようです(構図や方角にも因ると思いますが)。85mmだとPIのABEでも問題なくカブリ補正が出来るので画像処理が楽です。

赤道儀本体だけでも星見櫓に据え置き出来れば、速攻撮影には良いのかもしれません。ただ新潟での稼働率を考えると赤道儀の耐久試験をしているだけで、年に数回のチャンスのために出しておく気になれません。1年暮らした経験ではスライディングルーフにしてもカメムシ駆除やスズメバチ対策で心穏やかには暮らせないでしょう・・・

悩ましいなー

 
 
2017.10,27
冬の散光星雲ひとまとめ

Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)Nikkor28mm(F1.8G)F4程度
ISO3200, 90sec., 43枚コンポジット
スカイメモRにて自動ガイド

同じ日にもう1本、AF-S NIKKOR 28mm f/1.8Gもテストしました。

これもピントが今一つ、星に色滲みがあります。後から考えたのですが、これまでNikonD800ではライブビューで殆どピントを外す事が無かったので、ESO6Dでもライブビューでピントを合わせたのです。慣れていない機械を使うときはもっと慎重にすべきで、X7と同様にパソコンに接続して確認すべきでした。
 
2017.10.27
ぎょしゃ座 

Canon EOS6D改造機
(ハヤタ・カメララボ)

MicroNikkor105mm(F2.8G)F4程度
ISO3200, 90sec., 18枚コンポジット
スカイメモRにて自動ガイド
35mmサイズのデジタル一眼を星撮りに導入する第一歩として、中古のEOS6D改造機を手に入れました。現在使用している光学系のどの程度が35mmサイズに対応可能かを数年かけて調べようと思います。
きっと結論が出る頃には、もっと高性能のデジタル一眼改造機が発売されている事でしょう。

栄えある最初のテストレンズはAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDです。これまで一度も星野写真を撮ったことは無いレンズです。星撮りに関してよい評判も悪い評判もあまり聞かないので、試してみました。35mmサイズだと結構使いやすい画角になりますが、ピントが掴みにくく今回は見事に外しています。周辺の星像もF4まで絞ってもそれほど改善しないような気がします。 

最大の問題はNikonのGマウントは絞りリングが無い事です。Gマウント用絞りレバー付きのマウントアダプタを使ってEOSと接続する事になるのですが、アダプターの性能、絞りレバーの加減、上手く行きません。
 
2017.10.13  
アンドロメダ大銀河(M31)





タカハシFS128
+TOA/FSレデューサ
(F780mm)、NikonD800無改造、ISO3200、露出180秒、
左17枚、右24枚コンポジット
2コマモザイク撮影

QHY5L-Ⅱ、PHD2にて自動ガイド
アトラクス赤道儀(K-Astec改)

2017.10,19

秋雨前線が活発な上に台風までやって来そうな新月期になってしまいました。今年はお天気に恵まれません。

長い事使っていなかったFS128ですが、STレデューサを装着するとF6.1となり、ISO3200、3分ならデジタル一眼でそこそこ露出が得られます。今頃になって復活させることにしました。元々銀縁時代の大判フィルムに対応する改造鏡筒なのですが、試しに撮影したNikonD800では周辺減光と言うより4隅がケラレているようでフラット補正が上手く行きません。レデューサ後方の接続リングやバックフォーカスをいじってみましたが、殆ど改善は見られません。Nikonマウントの問題でしょうかね。モザイク合成時になるべくケラレの支障が出ないように片側で多くの部分を露光してもう1枚は端だけ使うようにして、モザイク時の不具合が少ななるようにしてみました。

画像処理では、フラット補正を行ってもPixInsightのPCCはエラーが出て使えず、従来のCCを使ってカラーバランスを整えました。PCCは理解したつもりだったのですが一筋縄ではいかなそうです。画像の平面性の問題なのでしょうか。

直焦点時のニコンマウント径の問題は、フジのS2Proを使っていた頃から気になっていたのですが、やっぱり逃れられない弱点という感じです。FS128はTOAには及びませんが、この画像を見る限りフルサイズでも結構良い星像です。マウント径の大きなCanonの35mmサイズではどの程度の周辺減光でしょう。できれば35mmサイズで使いたいですね。


トリミングあり
2017.9.27
M1(かに星雲)

VC200L+レデューサ(旧タイプ)
F:1270mm、口径200mm)、
ATIK383L+(-10度)
L:10(5分), H:8(10分)
miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、MaxImDLにてガイド
アトラクス改(K-ASTEC)
2017.10.3

かに星雲は新潟では撮影チャンスが少ない星雲です。
今回は明け方にかけて撮影したので今の季節でも可能でしたが、普通に宵の口から狙うとなると真冬。まず晴れない、晴れても地面に雪があって機材を出せないという感じで、私も滅多に撮影した事がありません。

RGBは雲の通過でほぼ全滅だったので、HLL合成という超トリッキーなカラー化をしています。それっぽく見えますが、いつかRGBを再撮して完成させたいと思います。

NGC925を撮影して、中心部の星像が延びている事に気付いたので、ちょっと中心を外して撮影したお陰でこんなに丸くなりました。
 

トリミングあり
2017.9.26-27
NGC925

VC200L+レデューサ(旧タイプ)
F:1270mm、口径200mm)、
ATIK383L+(-10度)
L:R:G:B =16:4:4:5 (各5分)
miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、MaxImDLにてガイド
アトラクス改(K-ASTEC)
2017.10.3

撮影も画像処理も全部 、とにかく難しいです。

なんとかこれで完成という状態になりましたが、改善点は幾つかあります。

1、星像が中心部ほど丸くない。レデューサのバックフォーカスの再調整をしました。
2、迷光。恐らくフードの先が遮光幕より上に出てしまったため思われます。幕の高さを調整
3、厳密にはフラット画像が合っていない。理由は分かりませんが中心部が若干過補正になります。
4、RGBの露出不足。次回は10分でやってみます。

次にどの銀河を撮影するかまだ決めていませんが、結局この種の対象を一晩7,8時間で仕上げようと言う姿勢に問題がありますね。一週間晴れが続くような地域なら相当に露出が稼げそうですが、月に2,3日快晴だけどその内1日は満月みたいな新潟では、どうしようもありません。もっと速射性のある光学系があればねー。


2コマモザイク合成

この辺が普通の
仕上げ方かな

CCで色調を
調整しました

2017.9.25-26

EOSkissX7改造機
carl zeiss Planar85(F1.4)F4、ISO3200、露出120秒

61枚+73枚の2コマ合成

ss-one75mmガイドカメラ
PHD2にて自動ガイド
VixenGPD改(AGS-1L) 

2017.10.3

このモクモクは分子雲と呼んで良いのでしょうか、それともgaseous nebulas(ガス星雲?)なんでしょうか。最近話題のIntegrated Flux Nebula(IFN)は、IFNs lie beyond the main body of the galaxy.と書いてあります。INFmapをみると北極星の方向の星図なので、銀河のmain bodyとは地球から見て北極星の方向にあるのでしょうか?

日本の解説の中にはIFNは「分子雲の一部をそう呼ぶ」みたいな物もありますが、ウィキを読むとIFNは最近発見された別物のような感じです。日本語の分子雲はMolecular cloudを訳したものだとすれば、その分子雲によって形成されている(表現がおかしいぞ!!))星によって光っているものだけを指すような記載もあるので、かなり限定的なものになってしまいますね。

それ以外のモクモクは全部Gaseous Nebula何なのでしょうか? これは「ガス星雲」という日本語で良いのでしょうか。分子雲の100倍かっこ悪い感じがします。

gaseous nebulas within the plane of the Milky Way Galaxy.となっていますが、the planeって銀河の円盤の意味でしょうか? そうなるとthe main bodyは円盤内ではない所にある訳で、空で言うと天の川が流れていない何処かでしょうか?

またしてもかんべむさし先生の「水素製造法」を思い出してしまう今日この頃です。

※2017.12.1
PCCで星野写真のカラーキャリブレーションをすると黄色い感じに仕上がるので、従来のCCでやり直してみました。カメラレンズにはCCの方が良いのかもしれません。
2017.9.21
M45

Borg125SD+F4DG、CanonEOSkissX7改造機
ISO3200, 露出120秒、
55枚コンポジット
ss-one75mmガイドカメラ
PHD2にて自動ガイド

ニューアトラクス赤道儀
       (K-Astec改)

2017.10.3

M42が昇るまでの間に、実はこちらを先に撮影していました。思ったほど周囲のモクモクが出ていません。M42周辺に比べるとかなり淡いのでしょう。

今回は上の85mmのガスの色と広がり具合を意識して、プレアデスの背景に色が残っています。プレアデスを鑑賞するなら潰してしまったほうが綺麗ですが、今回はPCCの色調をそのままに仕上げてみました。
2017.9.21
M42

Borg125SD+F4DG、CanonEOSkissX7改造機
ISO3200, 露出120秒、
73枚コンポジット
ss-one75mmガイドカメラ
PHD2にて自動ガイド

ニューアトラクス赤道儀
       (K-Astec改)

2017.10.3

9月後半、ようやく晴れの夜が続きました。
外気温も夜間は20度を下回るようになったので、冷却していない改造デジタル一眼で冬の王者を先取りしました。

短時間露出を忘れて星雲中心部が飽和していますが、まあそれはそれとして、結構綺麗に仕上がったので良かったです。

PixInsightのPCCを使って色調を補正していますが、これまで自分がCCで試行錯誤しながらやってきた結果に比較的近いので、なんとなく嬉しいです。
 


分子雲を強調
2017.8.26 
ペガスス座 NGC7331

VC200L(F:1800mm、200mm)
アトラクス改(K-ASTEC)
ATIK383L+(-10度)
L:R:G:B =12:5:4:4 (各10分)
miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、MaxImDLにてガイド
2017.9.6

あまり良い予報ではありませんでしたが、無理矢理撮影しました。

薄明終了から翌薄明開始まで7時間40分ほどありましたが、使えたコマ数は4時間そこそこでした。仕方なくRGBに関しては少々雲が通過している画像も使っています。鏡筒を反転してからはガイド星をロストしていなくても脱調しているコマが多く、結露対策を含めバランスをもう一度よく考えないといけません。

オフアキの使用も考えて接眼部を構成したのが仇となり、フラットを再撮するはめになりました。しかもCCDの方向を間違えて盛大なケラレが出てしまうという大失態となりました。

画像処理はPixInsightのPCCを安定して使う事が出来なかったので、結局これまでのCCでカラーキャリブレーションを行っています。PCCの問題は恐らく解決したので、次回からはPCCで行けると思います。VC200Lの星像は頑張ってもボンヤリした感じなのですが、今回は薄雲通過の画像も無理矢理使っているので、尚更良くありません。

※ネットで検索した所、ペガスス座のこの方向には分子雲(それともこれはIntegrated Flux Nebulaと呼ぶ方が正しいのでしょうか?)が広がっているらしく、ステファンの五つ子方向にモヤモヤしているようです。今回の画質ではモヤモヤまで生かした画像処理は出来そうにないのでMaskedStretchで処理したL画像を強調してみました。ネットで検索した範囲より広くモヤモヤしているので、胡散臭いのですが一応存在しているという事で。
 

24枚

21枚
2017.8.1
星見櫓の天の川








CanonEOSkissX7改造機(冷却なし)、Gマウント用アダプタ使用
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm F/2.8G ED(F4程度)、
ISO3200, 90秒
VixenGPD(AGS-1L)改
自動ガイド
2017.8.30

星見櫓で夏の天の川を撮影しました。もっと露出を稼げるかと思ったら、古屋君が邪魔でこの構図を維持できませんでした。30分程度の露出です。さすがに魚眼レンズを振り回せる視界は確保されていません。

NikonレンズをCanonのカメラに装着するためのアダプタはスケアリングが今一つというか、レンズの重さで撓んでしまうので、信頼性がありません。特にGタイプになってからは構造が複雑な分、なおさら重いレンズには不向きです。

8月はお天気に恵まれずこの後殆ど撮影できませんでした。明け方には秋・冬の星座が顔を出しています。星見櫓を使い始めて初めての秋です。自宅から撮影出来るので時間をかけてじっくり仕上げるような撮影スタイルも可能になりました。晴天率の低い新潟なので大した事は出来ないと思うのですが、暗さを生かして撮影して行こうと思います。


 
2017.6.28
M57 Ha画像


VixenVC200L(1800mm F9)
ATIK383L+, Ha:10min.*21枚
アトラクス改(K-ASTEC)
QHY5L-Ⅱ + MaxImDLPro5 
2017.8.5

LRGBを撮り足して完成しようと思っていたのですが、7月は結局ぼうず。

一応このHa画像とR画像を適当な比率で加算すればそれなりにカラー化出来る事が確かめられたのですが、本物のデータが無ければどうしようもありません。

PixInsightのDeconvolutionで復元した上で、背景部分はMultiscaleLinearTransformでノイズ低減を行いました。
HistogramTransformationとMaskedStretch画像を合成してカラー合成に耐えられるレンジに調整して、 LocalHistogramEqalizationでメリハリを付けました。一応これでもそれなりに見えますがやはりカラーにしたいです。

星像については輝星が伸びているように見えますが、回折像が悪さをしているようです。ATIK383L+は屈折で撮影しても輝星に回折像が出る不思議なCCD(何か原因はあるのでしょうが・・・)なので、VC200Lの回折像と変に干渉しているようです。ピッタリ角度を合わせればとりあえず何とかなるのだと思います。根本的な解決を目指す気力がありません。

2017.6.19 20時頃
蛍星景 坪穴川にて撮影


NikonD800 ISO3200、Nikkor28mmG(f1.8)F2, 10秒 
固定撮影 
空は1枚、地上は29枚コンポジット

2017.6.28 20:40頃
NikonD800 ISO3200、Nikkor14-24mmG(f2.8)
14mm, F2.815秒 固定撮影 
空は1枚、地上は16枚コンポジット
2017.7.5

毎年、この時期には夕暮れ蛍と星空を撮ろうと思っていますが、梅雨時と言う事もあり実際晴れて星を撮影出来るのは2年に一回くらいです。さらに月の位置とか蛍の都合とか、やってみると桜星景より難しいような気がします。そもそも夕暮れ時に、乱舞する蛍と星空を一緒に撮るということ自体に無理があるような気がしています。星をしっかり写すなら深夜のピークを狙うべきなんでしょうね。

でも、私は夕暮れ時の蛍が好きなんです・・・深夜は眠いし。

今回は坪穴川が天の川撮影に適した方角に流れているので、川に沿って飛ぶ蛍を薄らと昇り始めた天の川と一緒に写す事が出来ましたが、出来れば蛍の皆さんには川を離れて、水田の上を優雅に飛び交って頂きたい。

その内そんな写真が撮れるかも知れないし、撮れないかもしれませんが、そんな一期一会が星景写真なんですよね。


青を強調して

オリジナルのカラーバランスに近い
CCと新しい
手順で
2017.5.29
M17,M18  

PM2.5の影響で極端に透明度が悪い空でした。





Ai-s Nikkor180mm(F2.8) F4、
露出90秒、ISO3200
CanonEOS X7改造機(冷却なし)
128枚コンポジット

VixenGPD+QHY5L-Ⅱ 
星見櫓にて撮影

当初、PM2.5の影響で赤も青も足りない画像でしたが、画像処理で青を強調して、ここまで頑張りました。やはり星の輝きと彩度が足りませんが、今回はこれが限界かな。背景も透明度がありませんね。元が悪すぎます。

そんな訳で、作品としては今一つです。

青が足りない画像で青を強調する事は意外と面倒です。さらに階調幅は非常に狭いので、これ以上ちょっとでもトーンカーブをいじると不自然な部分が生じてしまうという、ぎりぎり画像です。

こういう画像は破綻していないまでも透明感にかけますね。

天体写真の透明感というのは、トーンカーブで強調したときに何も無いように見えていた部分から構造が浮き出してくるという感じなんだと思います。それを全部ギリギリまで出して何とか体裁を整えているのが上の画像なんだと思います。

こういう画像処理はやって楽しいですが、観て美しくない・・・
分かっちゃいるんですけどね。

2018.5.5
 星間分子分はCCと新しい手順でもそれほど効果があるようには思えませんでしたが、この画像にはそれなりの効果がありました。BPPで最後まで出来ないのでちょっと手間はかかりますが、冷却なしのデジタル一眼では、Debayer後のCCは程度に気を付ければそこそこ有効ですが、それで完全という訳ではありません。ABEの前にある程度ノイズを除去することでABE後に発生する(多分もともとある荒れ)を最小限に抑えられます。たぶんABE後ではリニアでノイズ除去をしても既に修復不能な欠落が生じてしまうのでしょう。まあなんとも言えないのですが、結果は今の所、5分5分という感じです。

2017.5.19
高坪山にて撮影


NikonD800+Nikkor 14-24(18mm)F2.8G(F4)
ISO3200, 90秒
スカイメモR自動ガイド 1枚 
2017.6.12

写真でみると薄雲や大気光の影響で それほど良い条件ではなかったようですが、現場ではかなりはっきり天の川が見えた印象があります。

ここ数年、星景写真は暗部の階調が豊かなNikonD800を使用しています。フォトショップのCameraRAWで現像する時にシャドウ部分を持ち上げると月の無い夜でも周囲の風景が見えてきます。勿論非常にノイズが多く荒れているので、あまり強調する事は出来ませんが、以前なら暗い影のような地上部分の色調を表現できるのはありがたい事です。
 
2017.5.19 

ケンタウルス座A
15枚コンポジット





オメガ星団
1枚画像






彼岸花星雲(NGC6357)
60枚コンポジット


星見櫓にて撮影
Borg125SD+F4DG
CanonEOS X7改造機, 露出90秒、ISO3200
ニューアトラクス改、miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、PHD2にてガイド
2017.6.12

新潟もそろそろ梅雨入りでしょう。今朝は寒くて雨模様の胎内市です。

5月の快晴で、これまでは直焦点撮影出来なかった南天の対象を何とか撮影できました。

画像処理については特に変わった事をしているわけではありませんが、低空で条件が悪い場合ディザリングしてもダーク補正しても、背景が荒れた感じになってしまいます。特に現在使っているEOSkissX7改造機ではISO3200にこだわると、90秒の駄目画像が大量生産されてしまいます。そのうちISO800で6分も試してみたいと思いますが、夏場はどうやっても非冷却カメラはノイズに悩まされますね。

駄目画像を使うには優秀なノイズリダクションが欠かせませんが、この所、PIのMultiscaleLinearTransform(MLT)とTGVDenoise(TGVD)を使っています。MLTはニア状態のデータでノイズを除去すると、かなり強力に作用します。
ABEとかDBEを行った後にMLTでノイズ除去すると、その後のカラーキャリブレーション(CC)に影響がでます。これを良い方向に出来るか、悪い方向に行ってしまうかで、完成画像に雲泥の差が出てしまいます。無難にCC後にMLTを行うと、無難なぱっとしない仕上がりになるような気がしますが、大きな失敗は無いかもしれません。正しい順番は分かりませんが、私は結果がよければそれでよしとしてしまう傾向があります。

HTでノンリニアに変換した後はTGVDが非常に有効です。MLTと併用も出来ますが、MLTが上手く行かない時はTGVDとSCNRで何とか使えるレベルまでノイズを除去するようにしています。



 
 

108枚

76枚
2017/4/25、2017/5/2
3裂星雲、干潟星雲
M8 & M20モザイク合成 














CanonEOS X7改造機,
Borg125SD+F4DG、

露出90秒、ISO3200
108枚&76枚コンポジット
ニューアトラクス改
2017.5.22

そもそも125SDにCanonEOSkissX7改造機を付けたテスト撮影のつもりで干潟星雲を撮影しました。 
別に3裂星雲を撮るつもりは無かったのですが、カメラの回転角度がおかしくてちょっとだけ入ってしまいました。星像が悪かったので、レデューサの接続を調整して本番前に撮り直しは必要だったこともあり、モザイクの辻褄が合うような構図であらためて3裂星雲を撮影したという流れです。最初からモザイク狙いならもうちょっと余裕のある構図に出来たと思います。

星像がしまらなかったのは、レデューサのバックフォーカスとばかり思っていたのですが、実はヘリコイドとの組み合わせのスペーサーを間違っていたというお粗末な原因でした。本番のケンタウルス座Aではまともに写ったので一安心です。

南天には魅力的な対象が沢山あるのですが、以前借りていた塩沢の住宅からは殆ど撮る事が出来ませんでした。干潟星雲も、ここ10年程ほどご無沙汰していたのですが、星見櫓から2時間以上撮れたので、機会をみてもっと長焦点でも狙ってみたいです。

1枚画像

合成写真


一番構図がしっくりした28mm


固定撮影
比較明合成


中途半端な14mm

車のライトが斜め後方から当たった
1枚
2017.5.3 午前3時ごろ

天の川桜


NikonD800+Nikkor10.5mm(DX用)
F4, ISO3200, 60秒

上:固定撮影
  1枚画像


下:スカイメモRで自動ガイド
  8枚コンポジット+固定撮影1枚 







Nikkor28mmf1.8G、F4
ISO3200, 60秒
固定撮影 1枚
スカイメモR自動ガイド 8枚







Nikkor28mmf1.8G、F4
ISO400, 90秒
固定撮影 9枚比較明合成







Nikkor14-24mmf2.8G、F4
ISO3200, 60秒
固定撮影 1枚
スカイメモR自動ガイド 13枚




Nikkor14-24mmf2.8G、F4
ISO3200, 60秒
スカイメモR自動ガイド
2017.5.9

連休の中休みに撮影した桜星景です。3種類のレンズで撮影しましたが、一番良かった構図は28mmと言う事にしました。そして一番処理が難しかったのは10.5mm対角(DXサイズ)魚眼レンズです。NikonのDXレンズのフードを切断して、FXで使うと長辺側で円弧が切れた全周魚眼の様に写ります。この時期の天の川は南北なので、このレンズに持って来いです。 

問題は桜が咲いている所で天の川を写すというのは画像処理が極めて困難になることです。光害の少ない所で天の川を撮るなら良いのかもしれませんが、特に今回は周囲の街灯や橋の照明がまぶしい程なので、1枚画像で桜の色を残しつつ天の川を強調するのは大変です。

合成の方は、8枚コンポジットは桜が無いつもりで処理し、1枚画像は天の川を無視して桜を仕上げて、重ねるので1枚画像より強い処理が可能ですが、辻褄合わせが至難の業でした。かといって、両方を同じ調子で処理したのでは、1枚画像と大差ない仕上がりになってしまいます(左:中途半端な14mm)。

桜の色が揃わないのは、3方向を国道や県道に囲まれているために、車のライトが様々に当たっているからだと思います。ハイビームでカーブを曲がってくると、たまに直撃してしまうようです。不自然な画像は除外してあるのですが、それでも影響は免れませんでした。後はブレーキのタイミングで赤い光が順光で当たる事もあるようです。


去年撮影したオリオン桜はD800で撮影したほぼそのままでも十分鑑賞に堪えましたが、天の川桜は1枚でもコンポジットでもそれなりの画像処理が必要なようです。特にコンポジットした天の川に固定撮影の桜を重ねた合成画像は、写真と言うよりは写真を素材に描いたデザインに近いものだと思います。ただやるのであれば、中途半端にするよりは割り切ってしっかり処理した方がまだましだと思います。

前回の天の川桜の時もたまたま通過した車のライトに照らされた桜が最も自然な感じでしたが、今回も最後に掲載した、ガイド撮影中にハイビームが一瞬当たってストロボ撮影の様に桜が静止したように写った写真が一番画像処理が簡単で、桜もはっきりしました。見るからに車のライトに照らされたと言う意味では、なんだか分からないけど薄ボンヤリしている雰囲気より良いのかもしれません。
 
2017.4.5
さそり座散光星雲




CanonEOS X7改造機, Nikkor 58mm(F1.4) F3.2程度、
露出90秒、ISO3200、48枚コンポジット、スカイメモR
 2017.4.26

霧で今一つでしたが、久々に撮ったのでかなり強引に画像処理しました。あらは隠せませんが勿体ないので残します。
 
2017.2.28

M95, M96, M105等(2017.2.28)






L:10min.11枚 、
RGB=4,4,4 各5min. ビニング2*2
Borg125SD+F4DG, ATIK383L+
アトラクス改(K-ASTEC)
AtikTitan+MaxImDLPro5
2017.4.8 

焦点距離481mmは銀河には非力ですが、この領域は面白い構図だと思います。

久しぶりの冷却CCD撮影だった事もあり、RGBのハイライト部分が明る過ぎました。ビニングなしの5分で十分だったと思います。

低温でグリスが硬かったせいか、極軸合わせでアトラクスの極軸望遠鏡のネジを緩めてしまったようで周辺の星が伸びています。早くPoleMasterを装備しなければ、とは思いつつ古屋君整備にお金を注ぎ込んでいるので今しばらく我慢です。

ちょっとデコンボリューションやり過ぎで不自然な部分もありますが、ネットで大望遠鏡の画像と比較すると「これがこうなるのね・・・」という感じです、か?NGC3384の中心が2つあるように見えるのは気のせいです。

62枚コンポジット

 

71枚コンポジット
大きな画像

60枚コンポジット
大きな画像
 
Sh2-240など(2016.12.3-4)

Nikkor 58mm(F1.4) F4程度、LPS-V3フィルター使用
露出180秒、ISO3200
VixenGPD+QHY5L-Ⅱ




ぎょしゃ座 IC405, IC410等
(2016.11.7)

Ai-s Nikkor 180mm(F2.8) F4、
露出90秒、ISO3200





オリオン座中心部
(2016.11.7+2014.10.24)

Ai-s Nikkor 180mm(F2.8) F4、
露出90秒、ISO3200
CanonEOS X7改造機(冷却なし)
スカイメモRオートガイド無し
PixInsightのSubframeSelectorで
画像選択
 2017.3.5

昨年11月に古屋君での生活を始め、ちょっとずつ撮影や画像処理の勘も戻ってきた感じがします。

この所、ブログに撮影状況や試し処理画像を載せて、ある程度仕上がったらとホームページのトップ画像、そして次の画像に替える時にデジタルマジックに移す、という流れになっていて撮影ノートの出番がありません。もうちょっと機材ネタとか撮影ノートに載せた方が先々見直す時に良いのかもしれませんが、手軽さでついついブログを使ってしまいます。

EOSkissX7改造機を使い始めてISO3200、90秒という数年前では考えられなかった設定での撮影も何となく上手く行っているような感じです。残念ながらX7ではこれ以上露出を延ばすとノイズが増えてあまり良い画質が得られないことも分って来ました。NikonD810aならISO3200でも余裕で4,5分行けそうな感じですから、X7にはちょっと物足りなさを感じています。特にFの大きな望遠鏡撮影を想定するとX7では対応できません。もちろん冷却CCDはそのためにあるのですが、デジタル一眼の撮影は楽です。特に据え置きでない赤道儀の場合、ターゲットの導入にかかる手間がデジタル一眼の方が少ないです。例えばF2000mmクラス+NikonD810aのような組み合わせはネット上でも散見されるようになっています。もはや冷却CCDを超えたかのような画質も魅力的です。とりあえず今年の春物はVC200LとAtik383L+での撮影になりそうですが、そろそろ次期機を考えないと。魅力的な冷却CCD(性能と価格を天秤にかけてという意味で)が見つからない限り、D810aに行ってしまいそうな気もします。

さて現在冷却CCDで使っているBorg125SDはレデューサを付けてF4程度の明るさです。
え?
F4だったらEOSkissX7で90秒露出出来るじゃないですか!
そうなんです。
今年はこの組み合わせでやってみようと思います。多数枚コンポジットの魅力は何と言ってもシグマクリップの効果が高まる事と、ドリズル耐性が高い画質が得られる事です。10分6枚と90秒40枚では、確かに淡い部分の写り込みは10分に軍配が上がりそうですが、背景画質は「非冷却ならば」圧倒的に90秒が有利で、デザリングしてあればさらにシグマクリップの効果も十分期待できます。背景画質が良いとデコンボリューションも存分に使えます。今年はちょっと違う125SD画像になるかも!

まあ撮影チャンスがあればですけどね・・・
 


左:ABE(FD=1)
右:ABE(FD=2)


左:HT(DDP)
右:MSt


両者に同様の
ノイズ除去


2枚の画像をマスクとPixelMathで合成


LHEを行う

⑥PIからTiff出力


完成
オリオン座中心部



CanonEOS X7改造機(冷却なし)
Nikkor 180mm(F2.8) F4、露出90秒、ISO3200
2017.2.8


今回はPixInsightのMaskedStretch(MSt)とLocalHistogramEqualization(LHE)を星野写真で効果的かつ少ない副作用で使うべく、試行錯誤した結果を書きとめて置きたいと思います。


①:
まず、直接関係ありませんがAutomaticBackgroundExtraction(ABE)を行います。FunctionDegree(FD)を1,2で比較しました。この変数で調整する以外殆ど効果的な調整方法が無いABEは不自由です。今回はFD=2を採用し、周辺減光の残りとカブリを補正しました。その後カラーバランスを整えます。

※最近注目のFlatAideProのシェーディング画像を使った補正は、ほぼPIのABEと同じと思われますが、サンプル領域の指定がとてもやりやすそうです。

②:
続いてMStです。従来通りのHistogramTransformation(HT)と合わせて使う事になるので、MSt画像はバックグランドのレベルをHT画像に合わせて作製します。左画像は右のHT画像と比較してかなりボンヤリした眠い画像ですが、HT画像より恒星の飽和が少ない状態です。この画像に限ってはM42の飽和部分も使えそうな感じです。

③:
ここでのポイントは非線形圧縮後の2枚画像に同様のノイズ処理を行って置きます。今回はSCNR、TGVDenoiseを同じパラメータで行いました。

④:
MSt画像を生かすも殺すも、次のHT画像との合成にかかっています。遠方の銀河などが対称の場合MStの恒星だけを使う事になります。この場合は星マスクを反転して使います。
ところが星野写真の様におびただしい数の微光星がある場合、通常の星マスクではMSt画像に置き換える必要が無い微光星までも選択されてしまうため、今回はRangeSelectionを使って2種類のマスク画像を作成し、比較暗合成して使っています。④左下の白黒画像が実際に使用したマスクです。
2枚の合成は、PixelMathにMSt画像を選択してそのインスタンス(左下の△)を、マスクを適応した(タグが赤くなります)HT画像にドロップします。


この後は、通常通りの方法で色彩強調やトーンカーブでの微調整を行いある程度画像を完成させます。

⑤:
ここでLHEを行います。変数の設定は控えめが良いです。KernelRadiusは小さいと効果的だがノイズが目立つので、32-128程度。ContrastLimitは1.0では変化なし、1.5-3.0程度でなるべく小さな値。とあります。

mountは、クローンを作ってそれをマスクにすれば1.0でも使えるようですが、今回は左下の白黒画像をマスクとしてAmount=0.8としました。

⑥:
PIからTiff出力する状態です。三ツ星のハロなどフォトショップで処理したい部分が幾つかあります。

完成:
フォトショップを使ってハロを軽減し、微光星の肥大化を抑えて最終的なレンジの切り詰めを行い、①のABEの副作用を補正して完成しました。

※FlatAideProではフォトショップを使わなくても微光星を抑えた処理が可能になるようです。


 

チェックあり

チェックなし

50%拡大画像

  2017.1.21

ブログにも書いたように、今年の目標は天体写真をフォトショップに頼らない画像処理です。PIだけで仕上げる天体写真を模索していこうと思います。

とりあえずやってみました。今回はカブリが少ないので何とかなりそうです。フォトショップの強みの1つはカブリを簡単に軽減できる事ですかね。あと複雑なマスク処理とかレイヤーとか本当に便利なんですけどね。いつもフォトショップでやっている淡い部分へのこだわりみたいな「悪あがき」をしていない分、透明な感じに仕上がります。

さて、本題は最近気になっている星雲の色です。散光星雲の「色、その物」については製作者の好みで好きなようにやって問題ないと思いますが、私がこだわっているのは古いレンズでの星の色と星雲の色の関係です。

PixInsightのカラーキャリブレーションではホワイトバランスの基準となる領域を指定する事が出来るのですが、その時StructureDetectionをチェックすると恒星を基準とし、チェックしないと領域全体を基準としているようです。銀河と散光星雲ではまたちょっと事情が異なるようですが、そこは今回は触れずに、チェックの有り無しだけで見てみます。

今回撮影に使ったNikkor Ai-s180mm f/2.8EDは非常に古いレンズで勿論デジタル時代のものではありません。普通に星を撮影すると若干青ハロというか青滲みが気になるレンズです。

そこで、StructureDetectionをチェックしてホワイトバランスを調整すると、良い具合に青滲みを軽減したホワイトバランスをとってくれるので、星の描写が非常に良くなります。ところがその影響で星雲部分は若干青成分が弱くなり、結果オレンジ色に近い星雲が出来上がってしまいます。余計な緑成分は除去してもかなりオレンジです。

試しにStructureDetectionをチェックしないで画像処理してみると、3枚目の「チェックなし」のような画像が出来上がります(左下はレンズの撓みの影響もあるので、中央部だけ見てください!)。4枚目の両者の50%画像を比較すると両者の星の色と星雲の色の違いが良く分かります。

で、私は星の色を優先した2枚目が好きなので、大体こんな感じのバランスで仕上げる事が多いのですが、最近は星を青くしてでも3枚目のような色調を好む方が多い気がします。デジタル一眼でもLRGB合成でもそのような傾向が見られるように思います。超高性能レンズならば問題なく星も星雲も好きなようになると思うのですが、この辺は非常に悩ましいですね。

もちろん空の透明度で青成分の量を考慮して臨機応変にやっていますが、そもそも何の基準もないのがアマチュア天体写真なので、あまり自由に色調をいじるのも逆に面白くありません。自分の機材の特性を表現するというのが最近のこだわりでしょうかね。まあ古いだけなんですけど・・・
 

69枚コンポジット



22枚コンポジット



29枚+37枚
コンポジット
(2015.10.6撮影画像使用)
2016.12.21

かもめ星雲(IC2177)










クリスマスツリー星団(NGC2264)
 +カタツムリ星雲(IC2169など)










IC348, NGC1333


CanonEOS X7改造機、Nikkor
180mm(F2.8) F4
露出90秒、ISO3200、
VixenGPD+QHY5L-Ⅱ、
PHDguidingにてオートガイド
2016.12.26

今回のメインは、前回のリベンジでかもめ星雲です。
南側の空は撮れる環境になったら撮りたいものが沢山あったのですが、これもその一つです。どうしてもこのシーズンの内に納得できる撮影をしたかったと言うことです。若干星の色がカラフルなので、ちょっとピントを外しているのかもしれません。完璧とは言えない出来栄えですが、現状のシステムではこれ以上は難しいかもしれません。画像処理でも無理をしていて、白い恒星の周囲に収差が目立つ場合、PIのCCのホワイトリファレンス領域を上手く設定して星の色を白く出来るようにします。必ずどこかにシワ寄せが行ってしまうので、何処で修正しやすいか、という事になるのですが、少なくとも星の色をいじるよりは星雲の色を修正する方が簡単です。次回は125SD+冷却CCDで撮りたいです。


クリスマスツリー星雲周辺も人気の領域ですが、ここは画像処理が本当に難しいです。出来れば十分に露出をかけて綺麗に仕上げてみたい領域ですが、今回はかもめのリベンジで早々に切り上げてしまいました。赤い星雲部分の濃淡が少なくてベタッとしています。手の施し用が無いのが中央の黄色い星団周辺の散光星雲部分の平坦さです。辛うじて綺麗な黄色い星があるのでそちらを強調してごまかしていますが、難しいです。右上に広がる暗黒帯は何とか表現できましたが、出来れば1時間以上露出して暗黒帯周辺の色を綺麗に仕上げたいです。



IC348の周辺はまだまだと言う感じです。
これは昨年1時間露出で撃沈していたのですが、今回撮り足して何とかしようと言う姑息な作戦でした。本来これをメインにするつもりでしたが、かもめ星雲を優先してしまったので、またしても中途半端です。多分もう1時間あれば仕上げられそうな感じでしょうか。


11月に古屋君に住み始めて、4回撮影出来ました。星見櫓は視界を確保するだけでなく、この地域に多発する霧の影響を軽減してくれる事が分かりました。家の中の振動や車の振動はほどんと影響しないのは予想外でした。勿論人間が乗ってしまうとオートガイドは警告が出るので、撮影中櫓に乗ることは出来ません。厳密に言えば極軸合わせにも影響するでしょうし、ピント合わせ時の振動も地面よりは気になります。ただ積雪時でも除雪が簡単なので、空さえ晴れれば撮影可能です。当初計画した敷地西側にスライディングルーフを作る計画を諦めたわけではありませんが、星見櫓は実用性が高く、かなり現状に満足してしまっています。

参考のため、星見櫓の特徴を挙げておきます。
・屋根は無い
・2階から出入りするが、2階との接合は無く、支柱3本は地上に基礎を打って立ち上げている
 (家の構造上の問題で一本だけ一階の小屋根に乗せてある)
・支柱同士の間には特注で筋交をいれ、強度を増している
・床はアルミ製中空角パイプ(既製品)の素材で組んで四隅には補強板を入れてある
・当初、床に鉄板を敷く予定だったが、実施していない


15枚コンポジット

62枚コンポジット
 

29枚コンポジット
2016.12.3


カリフォルニア星雲&M45




Sh2-240など


Nikkor 58mm(F1.4) F4程度
露出180秒、ISO3200、




かもめ星雲 IC2177
AiSNikkor180mm、F8
CanonEOS X7改造機 
LPS-V3フィルター使用、

VixenGPD+QHY5L-Ⅱ
PHDguidingにてオートガイド
2016.12.26


12月3日の撮影では本当に久しぶりにLPS-V3フィルターを使用しました。目的はSh2-240を天の川の微光星の中から炙り出すためです。このフィルターは画像全体のカラーバランスが大きく崩れるので近年殆ど使っていませんでしたが、目的があれば有効なフィルターである事は間違いありません。

フィルターの影響で露出が1段暗くなると言われているので、EOSkissX7改造機でISO3200, 180秒に挑戦しました。購入した最初のテストでISO1600、180秒のダークノイズがISO3200、90秒に劣るので、これまではISO3200、90秒で撮影していました。今回は外気温も低く、レンズのF2.8はこの前試したので今回はISO3200で露出180秒にしてみた訳です。

結果これが失敗で、ISO1600,180秒とは比較にならない程、画質が荒れました。気温が低いので行けるかなと思ったのですが、甘かったようです。

本命のSh2-240は62枚使えたので辛うじて写り込みましたが、15枚のカリフォルニア星雲+M45は使い物になりませんでした。Sh2-240はもっとはっきり写るかと思ったのですが、画質が悪いためこの辺が限界でした。やはり冷却が必要な対象ですね。


ついでに最後に撮影したかもめ星雲(日本ではわし星雲)は、レンズを交換した際に絞りがF8となっていたことに気付かず貴重な時間を無駄にしてしまいました。ただ、F8まで絞ると星像は本当に良くなりますね。将来的にカメラの感度が飛躍的に向上すれば、そういう考え方もあるかもしれません。
 
 

16枚コンポジット

18枚コンポジット
2016.11.24

ノーマルD800の画像の
ホワイトバランス






M45






M42



NikonD800ノーマル機、ISO3200、180秒露出 
VixenGPD(K-Astec改+AGS-1L)、
Borg77EDⅡ+7878レデューサ
(398mm、F5.1程度)
2.5cmファインダー+QHY5L-Ⅱ
PHDguiding
2016.11.29

ノーマルカメラで撮ったので、カメラのホワイトバランスを使って処理しようと思ったのですが、そもそもBatchPreprocessing(BPP)のDebayerには、ホワイトバランスの指定はありません。

PixInsightではデジタル一眼のRAW画像を扱うとき、FormatExplorerの設定で予めホワイトバランスを指定出来ます。ここで Create raw Bayer CFA imageを選択して、さらにNo white Balanceとするのが天体用に改造された一眼画像では一般的でしょう。

カメラのホワイトバランスを使用するには、ここでCameraWhiteBalanceを選択すれば、CFAimageで読み込んでからDebayerで変換しても、その設定が有効となります。と言うことは、この状態でBPPを使えばカメラのホワイトバランス設定で、全ての処理を行うことが出来るはずです。おー、やり直してみる価値あるかな・・・・?

良く考えてみたらフラット補正を行わなければならないので、たぶん撮影時のホワイトバランスにはあまり意味がなくなってしまいますね。

結局、ノーマルカメラでカメラのホワイトバランスを使って処理する作戦は頓挫しました。

PIのカラーキャリブレーションでは、Hα領域の透過性が高い改造機で撮影すると白っぽくなる星雲部分が青みががってしまいます。別に「これが本来の色」というつもりは毛頭ありませんが、ノーマルカメラのフィルター透過性を反映しているのかも知れません。だとすると、肉眼で見たとき光量が十分ならこんな感じで青っぽく見えるのかも知れないと思いました。
 

冬の天の川
上:東、下:西
左:南、右:北

ぎょしゃ座中心部
99枚コンポジット

オリオン座中心部
28枚コンポジット
2016.11.7

記念すべき、星見櫓でのファーストライト

Nikon D800 ISO3200 30秒、
Nikkor 10.5mm魚眼、F3.2
固定撮影




2枚共通

CanonEOS X7改造機(冷却なし)
Nikkor 180mm(F2.8) F4、露出90秒、ISO3200
スカイメモRオートガイド無し
PixInsightのSubframeSelectorで画像選択
2016.11.28

 2年ぶりに自宅で撮影出来る環境になったその日に晴れるという幸運に恵まれました。

冬の天の川
古屋君の裏に2階から出入りするバルコニーを設置しました。星見櫓と命名しましたが、特に天文仕様ではないので、高倍率で惑星や月を観望したりする事は出来ません。肉眼、双眼鏡観望とリモートあるいは放置撮影しか出来ません。見晴らしはこんな感じで、結構暗いのが取柄です。
 自宅西側斜面のケヤキを伐採してもらったので、地面を整備すれば斜面の上に出て機材を設置出来るようになります。藪を切り開く作業は春までに何とか頑張りたいです。


ぎょしゃ座中心部

オートガイドは出来ませんでしたが、スカイメモRの調子が良く、比較的歩留まりが良くなりました。初めてPixInsightのSubframeSelectorを使って良質な画像のみを選択し、コンポジットするという贅沢をやってみました。130枚から当初77枚までふるい落として超贅沢コンポジットをしましたが、結局99枚と大差無く、そちらを使いました。勿論、拡大して微光星をよーーーく見ると違いますけどね・・・


オリオン座中心部
こちらは空の状態が悪化して、28枚しか使えませんでした。
普通の燃える木とオリオン大星雲です。


今回、良いタイミングで古屋君と出会えましたが、決断したきっかけは8月に居残り撮影して実家に帰り、翌朝仕事に向かう途中で交通事故を起した事です。相手のワゴン車が交差点で一時不停止だった事が原因ですが、信号機が無い所なので私も前方不注意の責任があります。そんな事より、相手が自転車のお年寄りだったら、ランニング中の青年だったらと思うとゾッとします。結果、私は止まれなかったのですから。

星は自宅で寝ながら撮るのが性にあっていると痛感しました。
 


 2016/8/5


ケフェウス座の散光星雲
28枚コンポジット




天の川中心部(通称バンビ周辺) 2016.8.5
36枚コンポジット






白鳥座
左上:18枚、右上:10枚、下:6枚

CanonEOS X7改造機
LPS-P2フィルター使用、
Nikkor 58mm(F1.4) F2.8程度、
露出90秒、ISO3200、
スカイメモR
2016.9.10

撮影頻度が減って、画像処理の勘が鈍っていますが、それでもPixInsightに助けられて大した手間もかけずに仕上げる事が出来ています。

ただ非冷却のデジタル一眼の場合、やはり冷却CCDのような階調を得る事は難しいです。特にコンポジット枚数が少ない白鳥座の散光星雲が平面的なのは残念です。

今回はLPS-P2フィルターを使用しているので、Fを一段階小さくして必要な露光量を得ています。この場合恒星の露光量はフィルターを使わない場合と比較してどうなるのでしょうか。恒星の色の表現は若干貧弱なのは、フィルターその物が原因なのか、それに伴う露出延長なのか、未だに良く分かりません。

階調を大幅にロスする原因は、フラット補正後の画像ではこの種の星野写真でもDBEを使ってカブリを取り除くことが出来るのですが、やはり画像処理の最終段階になって目立ってくる色むらを、もう一度ABEを使って除去しなければ仕上げられない所にあると思います。これをやらないで済めば随分良くなる気がします。

これはマウントアダプタの問題ですがF2.8と思って調整していますが、実際にはもっと小さくなってしまったらしく周辺部の星像が丸くありません。F2.8だとフルサイズでもそこそこになるので、APS-Cならば問題ないはずなんですけどね・・・
 

Bias

Dark


左上:Bias兼FlatDark
右上:Dark
左下:Flat(LPS-P2 FF)
右下:ライトフレーム1枚(Bayer)

全てレジンを切りつめて強調してあります



Bias画像の詳細
ノーマライズしてあります






Dark画像の詳細
ノーマライズしてあります 
カメラは非冷却なのでDark減算は必須です。これはごく普通のDarkですが、使用時にはOptimizeした方が良好な結果になります。この場合Bias画像が必要だと思われます。

カメラレンズでのFlat画像は、以前上手く作れませんでした。理由は使っているELパネルのムラや光の入射角度が原因だと思います。最近、手持ちで1枚毎に撮影位置とELパネルに対する角度を変化させて撮影し大量にコンポジットする事で、ELパネルでも十分効果のあるカメラレンズ用Flat画像を作成できるようになりました。冷却CCDではFlat撮影時のシャッター開閉時間等を考慮して十秒程度の露出で撮影しますが、冷却なのでBias画像があればその程度の露出でFlatDarkをあえて用意する必要はなさそうです。他方非冷却の場合では数秒でもFlatDarkは欲しい気がしますが、実際にDarkの種類を増やすとかえって背景の荒れを引き起こしかねません。露出を可能な範囲で短くして、そのFlatDarkをBiasとして使用するのは一種の妥協策だと思います。


今回を含め、この方法で数回上手く行ったので
「デジタル一眼では1/8秒程度のシャッタースピードで手持ち撮影でバラつきのあるフラット画像を大量に撮影し、コンポジットしてFlat画像を作成するとレンズの減光を上手く補正出来る。さらに、そのダークをBiasとして使用すると背景の荒れを増加させずFlatの適合性を向上出来る。」
と、言えそうです。

 この場合はFlatの露出は短い方が良いのが理屈ですが、1/100とかの高速シャッターでは画質が何となく違う感じなので、私は使っていません。
 
 月明りの桜並木とオリオン座(2016.4.15 胎内川にて)

NikonD800 ISO3200, 8秒 Nikkor28mmF1.8(F2.8) 一枚
PRO1D プロソフトン[A](W) 使用



NikonD800 ISO3200, 6秒 Nikkor28mmF1.8(F2.8)
2016.8.6

デジタルマジックに載せるような画像処理ネタではないのですが、トップから外すので避難の目的でここに掲載しました。

特に画像処理として特別な事をしていませんが、デジカメの進歩でこんな画像が簡単に手に入るようになりました。

40秒×70枚

30秒×18枚
 
 2016.3.28

沈み行く冬の散光星雲

CanonEOS X7改造機
Nikkor 58mm(F1.4) F2.8程度
ISO3200

スカイメモR
2016.3.30

久しぶりに撮影しました。

といっても、ほんの試し撮りで、 Nikkor 58mm(F1.4)の星像チェックです。うわさでは開放でも星が点に写るとの事ですが、実際撮ってみたらさすがに全く収差が無いわけではないので(撮影ノート参照)、星景ならともかく星野写真の場合は若干絞った方が良いですね。

去年の秋、カメラレンズでのPreprocessを色々工夫したので、今回はその通りに最初からやってみました。ダークは40秒で16枚、フラット手持ち撮影で(1/6秒)32枚、フラットダーク(1/6秒)32枚≒バイアス

こんな感じで準備してPIのBPPに放り込みました。ダークはOptimizeをチェックし、フラットダークはBiasFrameにセットします。PixelRejectionは25枚以上あるので、SigmaClippingではなくlinear fit clippingを試してみました。

モデル実験で検証したところ、MasterBiasはDarkのOptimizeの時には使っていますね。フラット補正でも出番があるのでは?と期待していたのですが、モデル実験では今の所その痕跡を発見できません。
以前SuperBiasと言うプロセスを検証した時に、出来上がったLightFrameの背景の滑らかさが改善していたので、どこかでMasterBiasを使っているのだと思いますがまだ分かりません。

高坪山では南中を過ぎると光害があり、まともに撮影出来ないのですが、なんとかこんな感じにまとまりました。露出時間なりの写りです。感動がないな・・・

それからEOSkissX7改造機は癖が無い良いカメラです。一時期D810aを買おうと本気で思っていましたが、しばらくは星景はD800、星野はX7で十分かなと思う今日この頃です。