胎内よいとこ、星見においで



ぎょしゃ座の中心部 2020/11/16 星見櫓BKにて撮影

21枚スタック

シリウスが昇るまで撮影しました。
構図が悪いですね。IC405とIC410を中心にしてしまいました。もう少し北東を中心にした方が収まりが良かったと思います。ただ枚数も少ないので淡い北東部分の星雲を入れても上手く処理できなかったかもしれません。


Sh2-308周辺 2020/11/17 星見櫓BKにて撮影

120秒 106枚スタック

結局16日分を使わずに処理した方が綺麗になりました。
改造デジタル一眼でネビュラフィルターや光害カットフィルターを使わずに撮影すると
こんな感じになるという参考ですね。17日は16日と比較して空は良かったですが、ピントは16日の方が極まっていました。老眼でピント合わせの精度が落ちています。カメラの液晶画面をルーペで拡大してエイヤッ!っと合わせるのもそろそろ限界です。BK++計画が完了したらパソコンつないでFWHM測定しながら合わせないと駄目ですね。



カリフォルニア星雲、IC348、NGC1333周辺  2020/11/17 星見櫓BKにて撮影

東側 120秒 58枚スタック
西側 120秒 77枚スタック

ブログより若干彩度を落としました。東側の画像が西と比べて貧弱でバランスが悪いです。35㎜サイズのカメラだと、180㎜の画角はモザイク合成するのが大変です。別日に同じ高度付近で撮影した方が整うと思います。11月の新月期は良く晴れました。新潟では年内これで最後でしょうか。これからがシーズン本番の太平洋側の方が羨ましいです。



モザイク合成

リゲル周辺  2020/9/28 120秒45枚スタック
M42周辺 2020/11/12 120秒61枚スタック

M42は10月に撮影した時には全く使い物になりませんでした。今回は若干ピントが外れていますが、空は良かったようで良い写りです。リゲル周辺は霧か薄雲の影響で星が滲んでしまったのですが、それなりに淡い部分まで写っていたので輝星のボケを胡麻化して何とか使いました。つないでみると、やはり左右の星の大きさが違いすぎますね。色調やコントラストも何となくすっきりしないので、リゲル側はいつか再撮したいです。

M42の西側で星雲が斜めにすっぱり切れたように暗くなっています。これは実際にはどういう事になっているのか興味があります。


共通データ

EOS6D改造機、Nikkor AiS180ED F2.8S、F4、ISO3200
VixenGPD改造機、M-GENにてオートガイド+ディザリング





いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい




2020.12.4
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
   SI7 vs PI
       
             
           

               Mailはこちらまで