胎内よいとこ、星見においで



白鳥座 網状星雲(NGC6992) 2022/7/29
L:R:G:B=11:4:4:6 各300秒

空の状態が悪く歩留まりは半分くらいです。多少薄雲のあるコマも使ってしまったのでカブリというかムラを取るのが大変でした。ガイドグラフは安定していたのですが星が若干流れていたのは困ったものです。オフアキにした方が良いのは分かっていますが、以前色々と大変だった事を思い出して二の足を踏んでいます。昔よりカメラの感度が上がったからガイド星を探す手間は昔ほどではないのでしょうか?あとオートフォーカスでピント位置が変わるのは影響しないのかな?

久しぶりにFS128を使いました。アトラクス+FS128をBK2に乗せると結構ゆらゆらする感じがします。人間が乗っていたら撮影どころか観望も出来ないでしょう。完全にリモート化できるNINAさまさまです。

FS128+STレデューサ(F6.1、780mm)
ASI2600MM Pro、Gain=100、OFFSET=10
-10℃(-5~-10℃)

バーダーLRGBフィルタ―
NINA+PHD2、マルチスターガイド+ディザリング
アトラクス赤道儀(K-Astec改)




いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい




2021.6.29
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
   SI7 vs PI
       
             
           

               Mailはこちらまで