星景写真を写そう

今なぜ、星景写真なのでしょうか?

星景写真を誰でも楽しめるようになった最大の理由はデジタル一眼の進歩です。高感度・低ノイズなので暗めのズームレンズでも固定撮影で十分星が写ります。
もう1つ撮影画像をその場でチェック出来るので、星景写真で難しい露出時間やピントを確認しながら、何度でも撮り直しが出来るので貴重なチャンスをモノにすることが出来ます。
星景写真は、特別なレンズやカメラの改造をしなくても、三脚と一眼デジカメがあれば、思い立ったその日に試すことが出来ます。

2012.5.2 追記へ

2012.3.31 追記へ

2011.2.16 追記へ

2010.12.28 追記へ

2010.2.10

戻る

星景写真とは、

私の中では「星と風景が混在する写真」と位置付けています。これに対して星野写真は多少地上が入ってもガイドで流れていたり、シルエットだけだったり、あくまで星がメインの写真だと思っているのですが、正確な定義はあるのでしょうか。 

ありました。

日本星景写真協会 (ASPJ)

「星景写真」とは、星空と地上風景を同一画面に収めた「星空のある風景写真」のことで、
  「スカイウオッチャー」編集長(当時)の川口雅也氏(現・月刊天文雑誌「 星ナビ」編集人
  /(株)アストロアーツ 発行)が1988年に提唱されたものです。

2枚ともフィルム時代の写真ですが、上は星野写真のつもり、下は星景写真のつもりで撮影したものです。星野写真では露出を長くして星雲をなるべく写し込むように努力し、星景写真は絞りを開放にしてなるべく短時間で露出を終了することで地上の風景がある程度分かるようにしています。

いずれにしてもフィルムでは地上を明るく写すことはなかなか大変でした。最大の理由は

「仕上がりをその場で確認できない」ということです。

デジタル一眼では写り具合をその場で確認しながら露出を調整できるので、経験がなくても微妙な露出調整が可能で、フィルム時代には考えられないような風景を簡単に手に入れることが出来ます。
今から10年近く前、フィルムで撮影したデジタル時代の星景写真です。

上は光害で浮かび上がる木立の陰が、湖面に写り込む露出をデジタル一眼で確かめて、フィルムカメラで撮影しました。

下は朝焼けの青田が分かる露出をデジタル一眼で確かめて、フィルムカメラで撮影しました。

当時はAPSサイズの広角レンズを持っていなかったので、広い画角を得るために最終的に35mmサイズで撮影するという苦肉の策を講じていたのです。

私はどちらかと言うと、直焦点で星雲などを撮る方がメインで、カメラレンズを使う星野や星景は得意ではありません。それでも一眼デジカメで写りを確認すれば、印刷して飾りたくなるような?写真を撮ることが出来たと、当時は思ってました。
 お手軽、一眼デジカメ「星景写真」の写し方

1,いくらお手軽でも三脚で固定して撮影しましょう。
      普通のズームレンズなら絞りは開放、ISO800、ホワイトバランスはオート
      ピントはマニュアルでライブビューを使い、もっとも遠くの灯りか明るい星に合わせます
      手ぶれ補正はOFF
      シャッタースピードは10〜30秒くらい
      画質はRAWを使えるようならRAW、それ以外なら出来るだけ高画質に設定します
      ノイズリダクションはとりあえずOFFでしょう

2,星以外の光があるところでも、諦めずに撮影してみましょう。
      民家や街灯の近くで少々明るくてもデジタル一眼なら星が写ります
      まずはどんな風に写るのか撮ってみましょう

3,その場で写りを確認しながら、次の露出を決定します。
      1枚目を撮影したら、じっくり鑑賞してみましょう。
      星は写っているか?ピントは合っているか?周りの灯りの具合は?風景は?
      拡大してみるとピントがずれている事が多いですから慎重に合わせ直しましょう。
      風景が暗ければ露出時間を延ばすかISOを上げましょう。
 街灯の光が意外に強く、周囲の木々や石の祠?を水面に写してくれたので予想以上に神秘的な仕上がりになりました。
お手軽だけど奥が深い星景写真

星景写真はとてもお手軽ですが、簡単に綺麗な作品を撮れるわけではありません。

まず星景写真に役立つ知識です。
1,星座の昇る時間と位置、主な星の等級
2,土地勘に加えて(あの山を写すなら何処、あの川なら何処、あの木は絵になる)と天体の位置関係
3,月の運行

次は技術です。
1,自分のカメラレンズの特性を把握している。明るさ、周辺像の乱れ方、おおよそのピント位置など。
2,三脚の設営や結露対策に慣れている。河原などは10分も放置すると結露が始まることがあります。
3,ピント合わせが確実

最後は「運」です。
1,頭で考えた構図を撮影出来るチャンスは1年に2,3回しかありませんが、その日に晴れるのは「運」です。
2,想定外の光が、出来上がった写真のアクセントになることがあります。
3,撮影中、熊に遭遇しない・・・

低速追尾装置

低速追尾撮影
ガイドするのか、しないのか?

赤道儀で星を追尾してしまうと、地上風景が流れてしまいます。追尾しなければ星は流れていくので、暗い星や天の川を写し込むことは難しくなります。最近のカメラは高感度設定が可能なので、30秒でも天の川がクッキリ写っている写真がありますね。

減速(低速)追尾という方法もあります。恒星の運行速度の半分程度で追尾すると、地上も星も流れない露出限界を若干延長できます。ただしデジタル一眼は解像度が高く、思ったほどシャープな像を得ることが出来ません。
暗ければ良い、というわけでもありません

星景写真では地上を照らす灯りが、あった方が雰囲気が出ます。同じ山でも真っ暗では影しか映らず地上を入れる面白味が半減してしまいます。この影になる部分に、街の灯りなど人工の照明が入れば闇夜でも問題ありません。自分の車のライトやLEDライトなどを使って周囲を照らして撮影する方もいるようですが、かなり上手くやらないと不自然で意図的な照明になってしまいます。

遠くの山を照らす照明で最も有効なのは、月明かりです。沈みかけた(昇り始めた)月を背に、山と星を撮影するのが基本だと思います。天頂付近に月があると明るすぎて星が写りません。この辺のバランスについて撮影した画像をその場で確認して調整できるのが一眼デジカメの強みというわけです。
雪も大切です

山が冠雪していると、月明かりを反射してくれるのでいっそうクッキリ写すことが出来ます。より少ない月明かりで写せることになる分、暗い星まで映ります。

もう1つ、これは好みかもしれませんが、低空に漂うガスや雲も光を反射・散乱してくれるので照明のように使えます。
夕暮れは綺麗です

日没後暗くなるまでの時間は不思議な世界が写せます。日没後は辺りは明るいですが影が出来ないので、街灯などの人工照明の影響を緩和してくれます。フィルム時代には、こういうことはプロのカメラマンが長年の経験と勘を頼りに漸く出来る技だったと思いますが、デジタル一眼では、その場で画像を見ることが出来るので、プロの真似事が楽しめるのです。 
明比較で星の軌跡を写す

近年なんといっても目から鱗だったのは、都会のど真ん中で撮影された星景写真です。数時間露出したような星の軌跡がクッキリと写っているのに衝撃を感じました。 街の光に露出を合わせて、数秒露出の画像を数百枚撮影し、これを明比較で重ね合わせると星の軌跡が伸びてゆくという技です。デジタル星景写真の幕開けと言ったら大げさでしょうか?

私は美しい夜景とは無縁の生活なので、明比較だけ利用させてもらっています・・・
既成の考えにとらわれずに

「星の写真は暗い写真」と決めてかからずに、青空の天の川だって有りだと思います。満月に風景写真を撮れば空に星がある分、昼間撮影するよりにぎやかです。

とりあえず、
月夜の晩に、ブラブラと近所を散策してみましょう。住宅地ではカメラだけをぶら下げて行くと警察に通報されるので、手ぶらもしくは犬の散歩を装って出かけます。

良いポイントが見つかったら、
出来るだけ大げさな装備を持って出かけましょう。カメラ用のバックに予備のバッテリーや必要ないレンズなんかも入れて、三脚を担いでカメラマン・オーラ全開で歩いていると、誰も不審に思いません。私のように人気の無いところにお住まいの方は、熊避けのラジオをお忘れ無く・・・。
 
2010.2.28 追記

50mm
固定撮影
使用するレンズについて

星景写真ではそれほど高性能レンズを使わなくても問題ないような気がします。星野写真では画角の隅々まで綺麗な星像が得られないと、何となくしまりの無い作品になってしまいますが、星景写真は少々収差があっても星に色が付いても雰囲気が良ければ気にする必要はないと、私は思っています。低速追尾や固定撮影で星を点にしたいときにはレンズの明るさが重要です。Fの明るいレンズは短時間の露出で暗い星を映し込めるので、露出時間の限られる撮影では有利になるのです。逆に星の軌跡を写し込む場合には特にレンズの明るさは気にする必要が無いかもしれません。

星の大きさは、あまり小さい場合はスターエンハンスなどを使って強調した方が、星景写真としてテーマをはっきりさせることが出来るかもしれません。フィルム時代は、ぼかし系のフィルターをレンズに装着する方法が一般的でしたが失敗したときは一巻の終わりです。デジタルでは画像処理で対応した方がやり直しが効くので初心者向きだと思います。

デジタル一眼のAPSサイズの場合、地上風景と星を共存させるには50mmより長いレンズは不向きだと思います。星座をしっかり入れるには20mm程度のレンズが必要です。撮影時の荷物を少なくするためにも17-35mm程度のズームレンズが使いやすいですね。

10mmの魚眼レンズでは広々とした画角は良いのですが星座は小さく分かりにくくなってしまいます。また地平線を画面の中央付近に持ってこないと魚眼特有の湾曲した世界になってしまいます。

EOS5Dなど35mmサイズのCCDを搭載しているカメラでは、同じ焦点距離のレンズでもより広い画角が得られます。フィルムからAPSサイズに乗り換えた頃は、35mmサイズのCCDが非常に欲しかったのですが、短いレンズが充実してくると画角に不自由することは無くなりました。5Dの魅力はそれだけではありませんがAPSサイズで星景を撮影しても全く問題ないと思います。
星の表現方法

私は撮影時ぼかし系のフィルターを使わないので、魚眼10.5mmや焦点の短いレンズで撮影すると全ての星は小さくなり星座を判別することが出来なくなってしまいます。上の写真ではオリオン座やおおいぬ座は分かりますが、下の写真では右端のさそり座がかろうじて分かる程度で全く星座の判別がつきません。

左の2枚はどちらも最後の仕上げにスターエンハンスを使っています。違いは前処理のフォトショップで、上はレベル補正時に星マスクで微光星をマスクして肥大化を抑えていますが、下は星マスクを使った処理を行っていません。そのため下では微光星がレベル補正時に大きくなりさらにステライメージのスターエンハンスで強調されて砂をまいたような星空になっているのです。 ちなみにこの写真はマスク処理を使ってもこの程度です。

天文をやっていると星座に拘ってしまいますが、なんだか分からないけど沢山星があると言うのも良いような気がします。星の色はレンズの焦点距離が短くなるほど表現しづらくなるようですね。単に飽和してしまうためなのかカラーCCD素子サイズとベイヤー配列が関係しているのかよく分かりませんが、元画像に色がなければ諦める事にしています。
   
星景写真の禁じ手?

合成写真です。
地上風景と星空を共存させるのはなかなか面倒です。特に淡い星雲をしっかり写すには現状のCCD感度では長時間ガイドとコンポジットが必須ですが、それでは地上は大きく流れて影だけになってしまいます。昔、知人が踏切を通過する電車の音と、踏切の警報音を同時に発声しようと苦心していたのを思い出しました。

何年か前、天文雑誌の入選作品に地上部分はコンポジットなし、という作品がありました。この方法を使うと左のような作品を作ることが出来ます。何か有難味の無い合成写真ですよね。なんなら天頂付近まで撮影を続けて、その画像を、山の端ギリギリに昇ってきた画像と重ね合わせてもOKってことになってしまいます。1枚目は地上風が景入っている時点で撮影し、2枚目以降は完全に昇って地上が無い画像でコンポジット、これは禁じ手にしないと星景写真の面白さが半減してしまいます。何だって出来ちゃいますよ。アンドロメダが稜線から半分出た所とか、木に絡むクラゲ星雲とか、絶対不自然ですよね。

デジタルカメラやCCDで撮影した天体写真は、ある意味全て合成写真です。私はその点に何の問題も感じませんが、左のような写真が作品として認められるようにはなって欲しくないです。かといって、これが50mmF1.0、ISO 102400、のモンスターカメラで固定撮影4秒とかだったら良いのかな??
   
2010.12.28 
超広角レンズが開く新たな世界


8mmF4.5

12mmF5.0
 
APS-Cサイズのデジタル一眼で星景写真を楽しむ上で大きな障害だったのが広角側の弱さです。
35mmサイズでは12mmという超広角レンズがありましたが、APS-Cサイズでそれに匹敵するレンズは魚眼以外ではありませんでした。
 昨年SIGMAから8mm-16mmが発売されたことで、やっと追いついた感じはあるものの、このレンズはFが暗いことが問題でした(天文屋さんは明るいレンズが好きですからね)。ここは1つ人柱という覚悟でこのレンズを購入したのですが、ここまで使ってみた印象ではなかなか良い感触です。確かに暗いのですが、その分星の色が良く出ます。開放で使えるので実質明るいレンズを星像が良くなる所まで絞った程度と言えなくもありません。

地平線をどの位置に持ってきても湾曲しないので、魚眼のように意識しなくても自然な感じの星景写真を撮影することが可能です。欠点は

・周辺減光がある
・ピントが掴みづらい
・FFフィルターで周辺星像が悪化する

等ですが、全て超広角レンズなら仕方の無い問題とも言えると思います。

8mm
 日周運動を撮る場合も画角が広い分、いろいろな風景を写し込むことが出来るでしょう。この場合Fが暗いことは全く問題になりません。さらに北天と南天で軌跡の湾曲方向が逆になるので、不思議な感じになります。ただし北天を写す場合はいかに超広角でも天の赤道を越えることはないので特徴的な軌跡にはならず、普通の同心円となってしまいます。

F4.5では暗い流星は写りませんが、全天の1/3近くが入るので運良く火球が入ってくれることもあるのです。

12mm

16mmトリミング
 星野写真に近い場合は、暗さが問題となりますが、星像が良いので露出時間を稼げば綺麗な仕上がりになります。残念ながら今のISOでは、地上風景と天の川を共存させるような写真は撮れないでしょう。

超広角でガイド撮影をして露出を延ばすと、周辺減光とカブリの補正が非常に重要で大変な作業になります。現実的には空自体が平坦でない状況で、撮影した画像の背景を平坦に補正する正当性というのも怪しいですが、私は極力理想的な背景に近づけるように処理しています。もちろん地上光のカブリをそのまま残して現実的な星空を写すのも1つの考え方でしょう。

上はノーフィルター、下はLPS−V3FFフィルターを使用しています。夏と比べ冬はノイズが少ないのでV3フィルターを使うことが出来ます。冷却改造してあるデジタル一眼を使えば夏でも天の川に埋もれる散光星雲をしっかり写すことが出来るでしょう。EOS60D冷却改造機はAPS-Cサイズを使う星景写真屋にはかなり魅力的なカメラだと思います。
 
2011.2.16 追記 超広角 vs 魚眼

2010.1.26撮影
10.5mm魚眼レンズ

比較のために用意した2枚は、ほとんど同じ場所で撮影した同じような写真です。1年違いですが月の位置は大体同じ、雪の量は若干超広角の方が多いです。魚眼レンズでは低空を通過する雲にスキー場のナイター照明が反射して手前の杉木立を照らしているためちょっと不思議な雰囲気です。これに対して超広角で撮影した写真では、その木立がどの辺りにあるかすらはっきり分かりません。
 

2011.2.15撮影
8mm 超広角レンズ 

超広角では地面のラインは水平ですが、周辺の木々は中央に向かって傾いて写る傾向があります。また画角は10.5mm魚眼レンズに及びませんが周辺部分が引き延ばされる傾向があるため、中心部分は逆に小さくなり主題を中央に求めてもあまり強調されない感じです。では魚眼の方が星景写真に向いているかというと、これを魚眼で撮影したら全く雰囲気が伝わらないと思います。

周辺減光については、超広角レンズでは周辺像が引き延ばされる分、魚眼と比較して減光が顕著になります。フォトショップCS5のCameraRawでレンズを選択すれば綺麗に補正してくれますが、人間の目とは不思議なもので、周辺が引き延ばされた上に中心部と同じ明るさになってしまうと何となく違和感を感じてしまうようです。補正量を若干控えめにした方が自然な感じになります。

星野写真でも、この補正は充分効果がありますが、フラットを自分で用意すればそれなりに自己満足に浸れます・・・
   
2012.3.31 雪の風景

比較明

星像強調
2012.2.28撮影

これも広角レンズと魚眼レンズの比較です。どちらがよいかと言うのは好みの問題かも知れませんが、この構図では魚眼の方が撮影時の雰囲気を再現しているような気がします。

雪が積もっていると弱い光源でも地上が明るく写るので、月や周囲の灯りを有効に利用出来ます。月が明るすぎると星が写りません。今回は画面右から西に傾いた弱い月明かり、左からスキー場のナイター照明があり、積もった雪の凹凸がほどよく分かる明るさになっています。

広角や魚眼で撮影する場合、レンズの形状でソフトフィルターが使えない場合も多いと思います。比較明や星像強調を使わないと星が小さすぎて何を撮ったか分からないですね。

積雪が多いときに撮影する場合、知らない地形に踏み込むのは避けましょう。必ず雪が無い時に下見をしておかないと思わぬ事故につながります。夜間人知れず雪の下に埋まってしまうと助からないでしょう・・・
 
   
ISO3200を使ってみる
固定撮影で天の川を写すことはフィルム時代では考えられませんでした。

EOSkissX5 ISO3200, Sigma8mm, F4.5, 露出80秒 1枚画像 ダーク画像減算あり

最近は写るんですね。 もっと明るいレンズを使えば星を点にすることも可能かもしれません。

ただ手放しで喜べるわけではなく、星に色がのりにくいという問題もあります。もともとデジタル1眼などカラー一発撮りのベイヤー配列では星の中心部が色とびしてしまう傾向があります。ISOが高くなるとその傾向も強くなるようです。この画像ではかろうじてアンタレスはオレンジ色に写っていますが軌跡の短い星はほとんど白です。

ISO400

ISO800
これは比較明で軌跡を写す場合にも影響してしまいます。

いい加減な比較画像ですがISO400とISO800ではこれだけ異なります。厳密にはレンズの画角、F、星の移動速度が異なっているのでこの通りではありませんが影響があることは分かります。

ISO3200を使えば数十秒で天の川を写せますが、星に色が無いのでは興ざめです。何か良い解決策はないでしょうか? 
   参考(2010.8.24)

8mm 広角

 2010.8.21

EOS40D
20sec. ISO800

上:8-16mm F4.5-5.6 DC HSMX
下:Fisheye-Nikkor 10.5mm ED

固定撮影
2010.8.24

胎内星祭りの会場で超広角と対角魚眼を比較撮影しました。超広角は周辺が延びて広がりますが、10.5mm対角魚眼は周辺が圧縮される分、画角が広く歪みが少ないことが分かります。

芝生と林の境界部分では対角魚眼は湾曲が見られますが、超広角はスッキリ直線になっています。

戻る