最近の画像

作品は下に行くほど古い物になります。一番古い物がホームズ彗星の頃ですから2008年春になります。それ以前の作品はありません。
同じ光学系でもカメラの進歩と画像処理技術の向上で作品の質が向上しているのが分かると思います。


これから直焦点撮影をやってみようと思っている方へ、
直焦点撮影で最も重要なポイントの1つは光学系の明るさです。口径が大きい方が良く写りそうな気がしますが、それは最後の最後紙一重の差です。むしろ大口径ほど重くなるので取り扱いが大変で、使いやすいのは60から70mmで焦点距離の口径比Fが小さく明るい光学系です。高価な製品ほど収差は少なく追い込めば素晴らしい星像が得られますが、一眼デジカメ等でカラー撮影する場合ならあまりこだわる事は無いような気がします。

もう1つは、焦点距離によって楽しめる対象が異なります。同じ120クラスのレンズでも125SDとFS128では狙える対象が全く違います。これはFS128のように焦点距離が長いと画角が狭く大きな散光星雲が入りきらないためです。そのかわり見かけの小さな系外銀河や惑星状星雲を大きく写すことが出来るのです。ただしFが大きいという事は暗いということなので、露出時間はたくさん必要で撮影が難しくなります。逆にFが小さい望遠鏡は広い視界で散光星雲を撮影でき、露出時間も比較的少なくて済むのです。

1つの鏡筒に複数の焦点距離が示してあるのは補助光学系を使用できるためです。天体望遠鏡用の補助光学系は0.6〜2倍程度の物が出回っています。直焦点撮影時、星雲などの撮影では1倍未満のレデューサと呼ばれる物を使用してFを小さくし広い画角で撮影する場合が多いです。約1倍のフラットナーやコマコレクタと呼ばれる物は周辺画像の向上に、1倍より大きいエクステンダーは主に月や惑星の撮影に使用します。

2010.6.25

戻る

Vixen VC200L  タカハシFS128 Borg 125SD Vixen ED102SS Borg77EDU miniBorg60ED   カメラレンズ
 口径200mm 口径128mm   口径125mm 口径102mm   口径77mm 口径60mm     
焦点距離
1800mm(F9.0)
1280mm(F6.4)
焦点距離
1040mm(F8.1)
780mm(F6.1)
 焦点距離
750mm(F6.0)
640mm(F5.1)
585mm(F4.7)
480mm(F3.9)
焦点距離
560mm(F5.5)
430mm(F4.2)
 焦点距離
430mm(F5.6)
400mm(F5.2)
330mm(F4.3)
 焦点距離
230mm(F3.9)
   カメラレンズ別に
分類しました。
 
 2014年
 
Atik383L+
 2013年
 

Atik383L+
 

Atik383L+
 

NikonD800
 

NikonD800
 

NikonD800
 2012年

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+
 2011年

SSP

SSP
 2010年

SSP

SSP

EOS 40D
 
 
 
 
 2009年

SSP


SSP

SSP

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

FinePixS2Pro
 
 2017年

EOSkissX7改
 

EOSkissX7改
トリミング
 

EOSkissX7改
トリミング
 

EOSkissX7改
2枚モザイク合成

Atik383L+
  2014年
 
Atik383L+

 
Atik383L+
 

Atik383L+
 
 2013年
 
Atik383L+
 

Atik383L+
 

NikonD800
 

NikonD800
 

NikonD800
 

Atik383L+


Atik383L+ 
 

Atik383L+
 2012年

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+
Atik383L+

Atik383L+
 

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+

Atik383L+
 

Atik383L+
 2011年

Atik383L+
 2010年
 

SSP

SSP

SSP

SSP
SSP
 2009年

SSP
SSP
 2008年

SSP

SSP

SSP

SSP

SSP

SSP

SSP

SSP

SSP

SSP

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

NikonD50改
 
 2014年 
 
NikonD800
 2009年

SSP

SSP

SSP

SSP
 

SSP
2コマ,モザイク
 2008年

EOS 40D


NikonD50改
 2017年
 

NikonD800

NikonD800
 
2010年 

SSP

SSP

EOS40D
 2008年

SSP

SSP

SSP

SSP

EOSkissDX(SeoSP2)


EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

NikonD50改
 
 2012年

SSP

SSP

SSP

SSP
 2011年

Atik383L+

 EOS40D改

EOS40D改
 

EOS40D改
 2010年

EOS40D改
 2009年

EOSkissDX
(SeoSP2)
4コマ,モザイク

EOSkissDX
(SeoSP2)
4コマ,モザイク

EOSkissDX
(SeoSP2)
2コマ,モザイク
 
 2008年

SSP

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)
 
EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

EOSkissDX(SeoSP2)

NikonD50改
 
NikonD50改

NikonD50改

NikonD50改

NikonD50改
 
 
  2014年
 

SSP
 

NikonD800
 
NikonD800
 

NikonD800
 
SSPro
 

NikonD800
 

NikonD800

NikonD800
 
 
NikonD800
 

NikonD800
 

NikonD800

 
NikonD800


 
NikonD800

NikonD800
 
 

NikonD800
 

NikonD800
 

NikonD800
 2013年
 
NikonD800
 

NikonD800
 

NikonD800
 

NikonD800
3枚モザイク合成
 

NikonD800
 

EOS40D改
 

EOS40D改
 

EOS40D改


EOSkiss X5
 

EOS40D改

EOS40D改
 

EOS40D改
 

EOSkissX5

EOS40D改

EOS40D改
 

EOS40D

EOS40D
 

EOS40D

EOS40D

EOS40D改

EOS40D

EOS40D改

EOS40D

EOS40D改

EOS40D

EOS40D改

EOS40D改

EOS40D
 

EOS40D

EOS40D

EOS40D
 

EOS40D改
 

EOS40D改

EOS40D改
 

EOS40D

EOS40D

EOS40D

EOS40D

EOS40D

EOSKissDX
(SeoSP2)

EOSKissDX(SeoSP2)
Asahi SuperTakumar 55mm(f1.8)

EOSKissDX(SeoSP2)
Asahi SuperTakumar 55mm(f1.8)

EOS 40D

EOSKissDX(SeoSP2)
 

EOS 40D

EOS 40D

EOSkissDX(SeoSP2)

NikonD50改

EOS 40D

EOSkissDX(SeoSP2)

EOS 40D