胎内よいとこ、星見においで



NGC7331 2017.8.26-27   星見櫓で撮影

雲の通過でガイド星をロストする事がしばしば起こるような撮影条件でした。
歩留まりは非常に悪かったのですが、新潟では次は何時撮影出来るか分からないので、比較的良い画像を使ってLRGB合成して仕上げました。カラーバランスはPCCが動かなかったので、CCを使っています。PCCはクロップ前に行うか、クロップ分をCCDサイズの変更で補正してやると動くようです。R画像のガイドが荒れていたので赤の解像度が悪いです。



粗を隠すために小さい画像です・・・

その後ペガスス座方向には分子雲(あるいはIntegrated Flux Nebula)が
広がっているらしい事が分かりました。
スッキリしない根本的な原因はこれですかね?

VC200L(F:1800mm、口径200mm)、アトラクス改(K-ASTEC)
ATIK383L+(-10度) L:R:G:B =12:5:4:4 (各10分)
miniBorg45+QHY5L-U、MaxImDLにてガイド


夏から秋への天の川    2017.8.1 星見櫓で撮影

DXサイズの対角魚眼で星見櫓から見える空を一網打尽!と思って2時間ちょっと撮影したのですが、こんな感じ(大きめです)で薄雲も流れたり、屋根が邪魔だったりして24枚でやめました。



秋から冬への天の川     2017.8.1 星見櫓にて撮影

21枚コンポジット、何となく黄道光が写っているような気がします。
まだ薄明開始が早くすぐに明るくなってしまいました。


共通データ
CanonEOSkissX7改造機(冷却なし)、Gマウント用アダプタ使用
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm F/2.8G ED(F4程度)、
ISO3200, 90秒、 VixenGPD(AGS-1L)改、自動ガイド




いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい






2017.5.19
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
今年は7月!
   
       
   SI7 vs PI          
         

写真俳句

           

               Mailはこちらまで