胎内よいとこ、星見においで



とかげ座 Sh2-126 と その周辺 2019.8.5

お天気にはあまり恵まれず、暑くて湿度が高く、霧が出て雲の通過も頻繁でした。
条件が良ければもっと写ったと思いますが、
そこを胡麻化すのが楽しいと言えなくもないです。
チャンスがあれば再挑戦したいです。

この領域は2011年にEOS40Dに同じ85㎜で撮影しています。
さすがに進歩の跡がうかがえますね。

EOS6D(改)、ISO3200, 露出120秒
carl zeiss Planar85(F1.4) F4 77枚スタック
VixenGPD(改)、MーGEN75mm、オートガイド+ディザリング



網状星雲(NGC6992-5, NGC6990) モザイク合成 星見櫓で撮影

東側:54枚(2019.6.25)、西側:114枚(2019.6.3)スタック
EOD6Dモザイク合成第2弾の網状星雲です。

十分な枚数とは言えませんが何とか東側を撮影してモザイク合成出来ました。淡い部分は枚数の多い西側に頼った合成になっています。東側も外側にもう1皮薄いベールがあるようですが、ちょっと難しいです。
 東側の撮影でM-GENを使ってオートガイドを試しました。雲にも負けず、非常に高精度で驚きましたが、星見櫓は一階のコタツでヌクヌク制御できるのが魅力なので、スタンドアローンのガイダーはBK配備となります。といっても、カメラレンズ撮影では勿体ない精度です。


IC4592(青い馬星雲) 2019.5.29  星見櫓にて撮影

101枚スタック

Borg125SDとF4DGをフルサイズで使い始めて、やはり口径食の影響が気になる事があります。私は「ウニ星」と個人的に名前を付けています。以前は「ウニ退治」とか言って星像改善するために、PixInsightでスクリプトを組んでImageJの分析データを元に星を重心位置で回転して自分自身と比較明合成していましたが、もうそこまでしなくても良いかな。





M16(わし星雲), M17(オメガ星雲)   2019 5.7と5.29   星見櫓にて撮影

M16は98枚スタック、M17は94枚スタック

隔日でのモザイク合成は本当に久しぶりです。モザイク合成はPixInsightよりPhotoshopの方がやりやすいし綺麗に仕上がるような気がします。問題はPreProcessingから出てきたM17の画像を先日のM16の画像と同じような仕上がりに調整するのが難しい事です。結局M16の方ももう一度最初からやり直すことにしました。

撮影機材共通:

Borg125SD+F4DGCanonEOS6D改造機,、 露出90秒、ISO3200
ニューアトラクス改、miniBorg45+QHY5L-Ⅱ、PHD2にてガイド



いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい






2019.4.13
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
   
       
   SI7 vs PI          
         

写真俳句

           

               Mailはこちらまで