胎内よいとこ、星見においで


夏から秋への天の川    2017.8.1 星見櫓で撮影

DXサイズの対角魚眼で星見櫓から見える空を一網打尽!と思って2時間ちょっと撮影したのですが、こんな感じ(大きめです)で薄雲も流れたり、屋根が邪魔だったりして24枚でやめました。



秋から冬への天の川     2017.8.1 星見櫓にて撮影

21枚コンポジット、何となく黄道光が写っているような気がします。
まだ薄明開始が早くすぐに明るくなってしまいました。


共通データ
CanonEOSkissX7改造機(冷却なし)、Gマウント用アダプタ使用
AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm F/2.8G ED(F4程度)、
ISO3200, 90秒、 VixenGPD(AGS-1L)改、自動ガイド



M57 Ha画像   2017.6.28 星見櫓で撮影

PixInsightのDeconvolutionで復元、
背景部分はMultiscaleLinearTransformでノイズ低減を行う。
HistogramTransformation, MaskedStretch, LocalHistogramEqalizationにて
3通りの画像作製しそれぞれ調整。その後3枚をフォトショップにて重ね合わせ

VixenVC200L(1800mm F9), ATIK383L+, Ha:10min.*21枚コンポジット
アトラクス改(K-ASTEC)、QHY5L-U + MaxImDLPro5にてオートガイド 




いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい






2017.5.19
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
今年は7月!
   
       
   SI7 vs PI          
         

写真俳句

           

               Mailはこちらまで