胎内よいとこ、星見においで



はくちょう座の穴の中  2018/5/15

星見櫓BKの利点は全天ほぼ遮る物が無いという事です。近所の街灯や西側の光害は
人の住む所なら仕方ないのでしょう。その代わりセットしたら朝まで放置出来るので、
とても手軽に星野写真が楽しめます。

Canon EOS6D改造機(ハヤタ・カメララボ)、carl zeiss Planar85(F1.4)F4
ISO3200, 90秒, 105枚、VixenGPD改(AGS-1L)オートガイド無し



NGC6384 (2018.5.11と2018.5.15)  (約70%に縮小し、 トリミング)
PIからTiff出力しフォトショップにてノイズ除去、背景の平坦化、Lab調整、星像補正を行った。

PixInsight(PI)から直接Jpeg出力した画像(等倍)

最近、PIからTiff出力(16bitでも32bitでも)した画像をフォトショップ(PS)で読み込むと
何か違うような気がします。PSで調整する事が多い場合は仕方ないのですが、
たいしてやることが無い場合はPIからそのままJpegにした方が透明感が損なわれない
気がします。


一週間で二晩、LとRGBを撮影出来ました。新潟では珍しいです。
その貴重なチャンスにこの対象で良かったのか・・・悩ましい気分です。

L画像は、ピントもガイドもそこそこ良かったので、この辺がVC200L on 星見櫓の限界
かもしれません。このクラスの銀河を狙うには解像度がもう少し欲しいですが、
鏡筒の問題か櫓の微振動の問題か、まだ見極められません。

VixenVC200L+レデューサ(1270mm), ATIK383L+
L:39枚、300秒、R:G:B=8:8:8枚、600秒


いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい






2018.1.22
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
   
       
   SI7 vs PI          
         

写真俳句

           

               Mailはこちらまで