胎内よいとこ、星見においで




2018.10.15 M77, NGC1055, NGC1072(小さいけど) 星見櫓にて撮影

 前日から晴れの予報でした。天気図では北に低気圧もあって不安定かなと思っていたのですが、日没後快晴になりました。月が沈むまでに準備をして計画していた構図を撮影しました。こんなに計画通りに運んだのは久しぶりです。思ったよりNGC1055が窮屈な感じで不満は残りますが、星像も解像度もまずまずです。前回9月に慌てて撮影したときにVC200L用のガイド鏡台座を外してしまったので、光軸がずれて導入に手間取りました。PinPointが上手く動かなければ撮影出来ないところでした。

 続けて朝まで撮影出来れば良いのですが、古屋君の西側は光害で条件が悪いので諦めました。この対象のRGBは次の機会に取って置く事にして、薄明開始まで東側で去年LとHだけ撮影した対象のRGBを撮影しました。1時過ぎからは雲の通過もあり歩留まりが心配でしたが、そこそこ使えそうです。


VixenVC200L+レデューサ(旧型1270mm), ATIK383L+、  L:32枚、300秒
QHY5L-U + MaxImDLPro5、 アトラクス赤道儀(K-Astec改)




いまさらですが、初めての方はまず「写真ぱねる」をご覧下さい







2018.1.22
撮影ノート

胎内よいとこ
星見においで
ブログ

   レンズ別作品             
            星まつり
   
       
   SI7 vs PI          
         

写真俳句

           

               Mailはこちらまで